バターコーヒー、始めました!

バターコーヒー、作ってみました

と言っても、amazonで注文したのは、すでにココナッツオイルとグラスフェッドバターが混ざっていて、ただコーヒーに混ぜればいいタイプの「GHEE EASY ココナッツ・ギー」という商品である。

それをただコーヒーに混ぜるだけで完全無欠のバターコーヒーが出来てしまうのだ。

コーヒーはインスタントなので、作るのはいたって簡単。

カップにインスタントコーヒーを入れてお湯を入れ、そこにGHEE EASY ココナッツ・ギーを入れて、かき混ぜるだけである。

かき混ぜるのに使ったのは、100円ショップで以前購入したカプチーノ用の泡立てハンドミキサーみたいのもの。

これはけっこう便利で何かを混ぜる時によく使っている。

これがバターコーヒーを混ぜるのにちょうどよく、うまいぐあいに泡立てることもできるのである。

これでバターコーヒーの完成である。

バターコーヒーの味は?

さて、ではバターコーヒーを飲んでみての感想である。

正直なところ、期待ほどの味ではなかった。

もう少しコクのあるバターの味を想像していたのだけど、意外にあっさりとしていた。

とはいっても少なからずバターの風味、味はする。

かなり泡立てているが、オイルっぽい感じも若干ある。

味については、使う材料にもよるのかもしれない。

今回、手軽さとコストの安さから「GHEE EASY ココナッツ・ギー」という商品を使ってみたが、おそらくグラスフェッドバターの種類によっても味は変わるのだろう。

また、ココナッツオイルによっても変わるのかもしれない。

と言っても、グラスフェッドバターとココナッツオイル、またはMCTオイルの方が良いようなので、それぞれを購入するとけっこうなコストになってしまう。

そこをトライするかどうかは、今日作ったバターコーヒーをしばらく、飲んでから決めたいと思う。

期待していた味とは違うとはいえ、特にまずいわけでもない。

だから、続けることは全く問題ないので、当面は毎朝のコーヒーは、このバターコーヒーにしたいと思う。

バターコーヒーにダイエット効果は期待していない

バターコーヒーのダイエット効果は主に次の2つである。

  1. いつもの朝食と置き換えることにより摂取カロリーを減らす
  2. 不飽和脂肪酸によって、中性脂肪を減らす

細かく言えば、コーヒーのカフェインの効果などもあるようだが、バターコーヒーとしての大きな効果は上の2つだと理解していている。

しかし、正直なところ、このバターコーヒーにダイエット効果は全く期待していない。

1日1食では、もともと朝はコーヒーだけ、あるいはプラス豆乳ぐらいである。

ダイエット休息日も朝食はそんなにカロリーの高いものを食べているわけではない。

従って、「いつもの朝食と置き換えることにより摂取カロリーを減らす」ことは全く期待していない。逆にバターコーヒーのカロリーはだいた200kcalぐらいと言われているので、むしろ増えてしまうように思う。

もうひとつの、「不飽和脂肪酸によって、中性脂肪を減らす」ことについては、減らしてくれればラッキーぐらいの感じで、基本的には全く期待していない。

ではなぜ、バターコーヒーを毎朝飲もうと思っているのか?

理由は主に次の2点である。

  1. 腹持ちの良さに期待している
  2. バターが好きだから

バターコーヒーをし食べていると、その効果としてよく言われているのが、腹持ちの良さである。

と言っても、今やっている1日1食でもそれほどお腹が空いて困るということもないのだが、たまに早めに昼の飲み物を飲みたくなる時がある。

バターコーヒーにすれば、そういうこともなくなるかな、というところが期待しているところである。

そして、もうひとつは、単純にバターが好きだからである。

味は期待していたほどではなかったが、バターの風味は感じるし、慣れてくるともっとおいしく感じるかもしれない。

もともとトーストにはバターを5㎜ぐらいの暑さにしたものをバン全体に敷き詰めて食べるタイプである。

だから、普通のサイズのバターであれば、4~5日で1箱分使ってしまう。

かみさんからは、そんなに使ってどうするの、と怒られる。

そのくらいバターが好きなのである。

しかし、ここしばらくは低糖質ダイエットで朝のトーストはほとんど食べなかった。

今は低糖質ダイエットはやめたので、ダイエット休日にはそのバターたっぷりトーストを食べることもある。

だから、1日1食で朝はコーヒーだけにしたとしても、そのコーヒーでバターの風味が楽しめるのであれば、ぜひそうしたい、と思っているのである。

いつも取っている朝食よりも、カロリーとしては増えてしまうことになるが、今の週休3日ダイエットのメインは1日1食であり、またスロージョギングも併せて行うようになってから、むしろ体重の減りすぎに注意しているところもあるので、バターコーヒーによるカロリーの増加はあまり影響はないと思っている。

つまり、今の僕にとってはバターコーヒーのダイエット効果ということに関しては、全く期待していない、むしろ影響があるとすればダイエット的にはマイナスの影響があるのではないか、と思っている。

今後しばらく朝のバターコーヒーを続けたとしても、その影響はわかりにくいと思うが、しばらくは飲み続けて様子を見てみたいと思っている。



■ ■ ■ ■ ■